モバイルWiMAXを知ろう

≪モバイルWiMAXとは≫
今までの無線LAN方式は、利用可能なアクセスポイントが比較的近距離のものに制限されていました。また、車などで移動中は電波の受信状況が不安定でモバイル端末機からのアクセスが保証されていませんでした。

このような弱点を改善し、より広い範囲で利用でき、しかも移動中でも接続ができるように開発されたワイヤレスブロードバンドシステムの一つが「モバイルWiMAX」です。

これは、IEEE802.16eという無線規格をベースに作成されたシステムです。
多元接続方式にOFDMA方式を用い、半径2~3Km程のカバレッジがあり、モバイル端末機が時速120Km/h程度で移動中でも通信を行うことが可能です。

≪国内のサービス≫
日本では、KDDIの関連会社であるUQコミュニケーションズが「UQ WiMAX」という名称でモバイルWiMAXによるサービスを2009年2月から提供を開始しています。
このモバイルWiMAXを利用すると、自宅や会社だけでなく外出先や移動中でも、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsという高速インターネットに接続できます。

しかも、WiMAXは速度制限がないので、どれだけ大容量のデータをやり取りしても、24時間快適なスピードでインターネットが楽しめます。
動画のダウンロードやアプリも好きな時間に好きなだけ楽しめ、自由にインターネットがつなぎ放題できる特徴があります。

≪WiMAX接続端末機≫
モバイルWiMAXを利用するのには接続用の端末機を接続します。
接続タイプには3種類あり、
・パソコンに直接挿入して使用するPCカードやExpressカードのタイプ
・USB型のデータ通信カードタイプ
・無線LANを経由して接続するワイヤレスルータタイプ
が用意されています。

≪スマートフォンの通信切り替え≫
スマートフォンの場合、WiMAX接続はデータ通信に利用され、音声通信を行う時には自動的に3G携帯電話網に接続を切り替える仕組みになっています。

≪次世代のWiMAX技術≫
UQコミュニケーションズではさらに、WiMAX2+という新規格に基づいたインターネット接続サービスを2013年春以降に提供する予定です。
これはモバイルWiMAXの後継技術として開発され、低遅延で高速モビリティを備え、最大165Mbpsの高速データ通信を実現します。

現在、UQ WiMAXでは2012年1月には全国人口カバー率1億人を達成しました。
また、2012年7月には300万契約を突破しています。
高速でしかも繋がりやすいWiMAXは、人気と共に今後ますます利用者が増え続けていくことでしょう。

カテゴリー: wimax タグ: , , , パーマリンク

モバイルWiMAXを知ろう への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ・筵ッ・?`・ ・ケ・ヒゥ`・ォゥ`

コメントを残す