意外と遅かったADSLの通信速度

皆さんはご家庭でどのようなインターネットの固定回線をご利用ですか?

家庭用のネット回線といえば通常は光回線とADSLもしくはISDNのどれかだと思います。
速度的には光回線のほうがADSLよりも圧倒的に速いので、利用者数も光回線の方が多いような気がしますが、ただし光回線の場合は利用料金が結構高いですよね。
ですから、現実はおそらく光回線にしたくても高いのでADSLで我慢しているって人の方が多いんじゃないでしょうか。

最近はマンション向けに価格を下げたり、年間利用契約で価格を下げたりして、だいぶ光回線も以前よりは安くなってきました。
でも、やはりまだまだADSLを使っている家庭の方が多いと思います。

ところで、そのADSLの通信速度ですが実際にどのくらいの速度が出ているのでしょう?
理論的な数値からすると、下り最大50Mbps、上り最大5Mbpsとなっています。

理論的な数値(ベストエフォート方式)とは、利用環境が最高の条件での数値ということになりますので、通常は各家庭で利用される環境が異なってきますので、皆さん当然それぞれ数値がバラバラになるということになります。

通信元の基地局からの距離が一番影響が大きく、基地局から離れれば離れるほど速度が低下してしまいます。
たとえ基地局から直線距離は近くても川などで遮断され回線が遠回りしていて実際は距離が遠くなっていることもあります。

ですからプロバイダー側もプランをユーザー向けにいくつか種類を用意して対応しています。
たとえばYahoo.BBの場合は、50M、26M、12M、8Mという感じです。
最も条件の良い家庭には50Mbps、少し落ちて25Mbps、12Mbps、遠い所になると8Mbpsというように、その家庭にあった最も良いプランを適用します。

では、実際にどのくらいの速度が出るのか気になるところですが、私の自宅で検証した結果をお伝えします。
我が家ではADSLの12Mタイプを契約しています。
少しでも早くしたくて24Mタイプにしようと思いYahooのHPで通信状況を確認したのですが、12Mbps以上は出ないということで24Mタイプにしても無意味だということになりあきらめました。
そこで、スピードテストができるサイトから計測をおこなうことにしました。

ネットおよびPC環境
契約タイプ:ソフトバンク 12Mタイプ
プロバイダー:Yahoo.bb
OS:Windows7
ブラウザ:IE9

その結果がこちらです。
価格.comスピードテスト
ADSL計測結果
下り最大1.6Mbpsでした。
ちょっと疑いたくなるようなすごく低い数値です。
これは何回やっても同じ結果です。

この数字には非常にがっかりさせられました。
契約が12Mタイプなので、通常は10Mbpsくらいは出てると思っていました。
まあ悪くても6~7Mbpsは出てると思っていたのでショックでした。

せっかくADSLは最大で50Mbpsも速度が出るのに1.6Mbpsでは少し前の携帯並です。
これじゃあ8Mタイプに落して契約をし直した方がいいんじゃないかとも思います。

ちなみに、ワイヤレス通信のWiMAXも持っているので同様にスピードテストを行ったところ、WiMAXでは16.8Mbpsも出ました。

いままで、それなりに速度が出ていると思っていたのにこの結果を見て改めて固定回線を解約しようかと考え直しています。

皆さんも一度スピートテストをやってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: ブロードバンド タグ: , パーマリンク

意外と遅かったADSLの通信速度 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: グッチ ピアス

コメントを残す